こんな症状ありませんか?|岡山市北区一宮で眼科をお探しの方は熊代眼科医院まで

時間 日祝
9:00~12:30
15:00~18:30

土曜午後は休診、またはオペ日(月2回)
休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

〒701-1211
岡山県岡山市北区一宮487-1
※駐車場11台完備

  • 地図

「いつもと違う症状が出ている…」

その症状、もしかしたら大きな病気のサインかもしれません。

大人の方

黄斑疾患(加齢黄斑変性症など)

岡山市北区一宮・熊代眼科医院・黄斑疾患(加齢黄斑変性症など)
主な症状
視野の中心が歪んで見える、視野の中心が黒く見える、見ようとするものが見えなくなる、視力が低下する、色がわからなくなる など
概要と原因
網膜の中心にあり、見るために重要な役割を果たしている黄斑に異常が起こる病気です。
加齢黄斑変性には「滲出型」と「萎縮型」の2種類があります。滲出型は異常な血管である新生血管が広がり網膜に歪みを生じることが原因で、萎縮型は網膜の細胞と脈絡膜が徐々に死滅して変形することで起こります。
治療方法
滲出型は新生血管の広がりを抑制するために、薬物療法やレーザーを照射する治療を行います。
萎縮型は残念ながら治療法はありませんが、進行はゆっくりです。

白内障

岡山市北区一宮・熊代眼科医院・白内障
主な症状
霧がかったように白く見える、明るいところが見えにくい、日差しや電球が異常にまぶしく感じる、物が二重に見える、眼鏡の度が急に合わなくなった など
概要と原因
目のレンズの役割をしている水晶体が白く濁ってしまうことで起こります。
水晶体が濁る原因で最も多いのが加齢で、その他ステロイドの副作用、外傷、アトピーなどが考えられます。
治療方法
残念ながら、濁った水晶体を元に戻す治療法はまだ見つかっていません。軽症の場合は、進行を遅らせる点眼薬で経過観察を行います。日常生活に不自由がある場合は、水晶体を除去して人工の眼内レンズを入れる手術を行います。

緑内障

岡山市北区一宮・熊代眼科医院・緑内障
主な症状
片目では見えない箇所がある、視野の一部が黒く見える、眼圧が高いと言われた、視力が低下してきた など
概要と原因
日本人の失明原因第一位の病気です。詳しい原因は未だ解明されていませんが、高い眼圧によって視神経が圧迫・損傷し、視力に異常が出ると考えられています。
治療方法
傷んだ視神経を元に戻し、緑内障を完治させる治療法はまだ見つかっていません。眼圧を下げる点眼薬で進行を抑える保存的療法になるため、検診などによる早期発見が何より大切です。点眼薬では眼圧が下がらない場合は、レーザー治療や手術など外科的な治療も検討していきます。

予防治療薬自由診療

岡山市北区一宮・熊代眼科医院・予防治療薬
サプリメント種類
オキュバイトブリザービジョン2・サンテグラジェノックス など
概要
白内障と緑内障は、サプリメントで発症リスクをできるだけ抑えることをおすすめしています。ご興味のある方はお声がけください。

飛蚊症(網膜裂孔、網膜剥離など)

岡山市北区一宮・熊代眼科医院・飛蚊症(網膜裂孔、網膜剥離など)
主な症状
白い壁や青い空を見ると目の前に黒い点が見える、いつも蚊が飛んでいるように見える、目を動かしても黒い点がついてくる、目が濁っているように見える など
概要と原因
硝子体に濁りが生じることで、実際には目の前にないものが見えてしまう病気です。目の前に蚊がずっと飛んでいるように見えることから、飛蚊症と呼ばれています。人によって、黒いススや糸くず、輪などが見えることもあります。原因はさまざまで、先天的な要因、ストレス、後部硝子体剥離、網膜裂孔、網膜剥離などが考えられます。
治療方法
ほとんどの症例は経過観察で問題ありませんが、網膜裂孔や網膜剥離などが原因の場合は、レーザー治療や硝子体手術が必要です。

糖尿病網膜症

岡山市北区一宮・熊代眼科医院・糖尿病網膜症
主な症状
飛蚊症の症状が現れる、突然視力が低下する、視界に黒いカーテンのようなものが見える など
概要と原因
糖尿病により高血糖の状態が続くと、網膜の血管がダメージを受け、詰まったり、変形・出血することで視力に異常が現れます。
糖尿病の合併症で初期症状はほとんどないため、糖尿病の方は定期的に眼科検診を受けましょう。
治療方法
まずは内科の医師と協力して血糖コントロールを行い、糖尿病自体を治療していきます。血糖値を下げることで網膜症の進行を抑えることができます。
症状が進んでいる場合は、網膜光凝固術や硝子体手術を行うケースもあります。

お子さん

斜視・弱視

岡山市北区一宮・熊代眼科医院・斜視・弱視
主な症状
片目だけが目標と違う方向を向いている、片方の黒目の位置が左右上下にずれている など
概要と原因
目の筋肉や神経の異常、遠視、両眼視の異常、視力不良などによって起こります。斜視の場合、片方の視線が合わないことで視力が発達せず弱視になってしまいます。
斜視はご家族が発見できる病気ですので、黒目の位置が左右でちがう、視点が合っていないと感じたら、すぐに検査を受けましょう。
治療方法
斜視の原因が遠視の場合は凸レンズ眼鏡をかけて矯正していきます。遠視以外の場合は、目の筋肉を調整する手術を行うことがあります。
弱視は3歳くらいまでに治療を始めれば、眼鏡矯正や視力増強訓練で治る確率が高くなります。

近視・仮性近視

岡山市北区一宮・熊代眼科医院・近視・仮性近視
主な症状
遠くの物がぼやけて見える、物が二重に見える、遠くを見るときに目を細める、テレビに近づいて見る など
概要と原因
近視は、眼軸(眼球の長さ)が伸びたことでピントが合わなくなり、遠くが見えにくくなる状態です。長くなったものを縮めることはできないため、治療法は今のところありません。
仮性近視は眼の筋肉が緊張して、一時的にピントが合わなくなっている状態です。
治療方法
近視の場合はもとに戻す治療ではなく、眼鏡が必要なのか、眼鏡をかける時期はいつなのかを診断していきます。
仮性近視の場合は目の筋肉のコリをほぐす点眼薬を使用したり、スマートフォンの使い過ぎなど生活習慣の改善を指導します。またWOC(ワック)という望遠訓練器を使用してピントを上手に合わせる訓練を行うことで、回復できる場合もあります。
ページトップへ